ブログ

雑感

雑草という草はないけれど、それでも雑草と呼ぶ文化があってもいいかもしれない

先日某SNSを眺めていたら、「『孫子』には当たり前のことしか書いてない」という書き込みを見つけました。『孫子』といえば、言わずと知れた中国春秋時代に呉の闔閭に仕えた孫武による兵法書。初めて『孫子』を読んだとき『霊枢』にある言葉がそこかしこに散りばめられているのを見て、ああこれが『黄帝内経』を読む一助になるのではと胸を高鳴らせたことを思い出します。ただ読み進めていくと同じ言葉なのに全然違う意味で使われていたり、そもそも自信満々に病を語る『霊枢』に比べて負けないよう滅びないよう時に君主を排除してまで現場の規律を重んじようとする『孫子』の思想は『霊枢』のそれとは相反するものも少なくなく、なんなら戦争の正当性を主張しながら黄帝を崇め奉りだす『孫臏兵法』の方が兵法実践的だけれどもよっぽど『霊枢』の思想に近いのかもしれないし、もっと言えば巫術を六不治のひとつに挙げた扁鵲にだって似てくるんじゃないかなあ、などと考えながらそのまま本を閉じた記憶があります。

もっとも、戦争でも治療でも、計画通りに展開し順調に進捗しているようなら英雄的武勇伝は必要ありませんからね。武勲が必要なのは概して形勢が不利な証拠だとかなんとか。そんな『孫子』へのSNS上の論評が、創造的思考へと導かれるための批判的思考の一つなのか、いわゆるバーナム効果に近しいものなのか、はたまたただのひねくれものの所業なのかはさておき、そういえば専門学校時代に当たり前で常識的なことが問われている(はずの)国家試験で六割正答するのにヒーコラ言ってた身分からすると、二千五百年という時を超え今でも当たり前と言われる書物を残してくれた先人の叡智にはただただ平伏するところです。

そんなことを思いながら古代ローマ時代の生活様式に関する文献の解説本を読んでいたら「それが驚きだったからこそ、それが珍しかったからこそ、記録に値する話、当時の読者の興味を引く内容だと判断されたのであって、裏を返せばほとんどがそうではなかったという証拠であり当時の一般を推測する手掛かりにはならず、そうでなければ当時の読者が興味をもって読むはずがない」という内容の文章に目が留まりました。おお、イエロージャーナリズム。犬が人を噛んでもニュースにならないけれど人が犬を噛めばニュースになる、とはよく言ったものです。私たちが今読んでいる古典ははたしてどういった判断で記録されまた表現物として書籍化されたものなのかしら。

現在の科学によると、後天的に獲得した形質は遺伝しない、ということになっています。だから、キリンの首が長いのはキリンの祖先が頑張って首を伸ばして高いところの葉っぱを食べていたからではないし、ゾウの鼻が長いのもゾウの祖先がワニとの戦いで鼻を引っ張られ続けたからではないし、ウサギの耳が長いのもウサギの祖先が神様にお願いしたら耳だけ大きくされちゃったからではないし、ネコの足音がしないのもネコの祖先のときにフェンリルを縛るためにグレイプニルの材料に使ったからではありません。実際アウグスト・ヴァイスマンがマウスの尾を切り落としその子に尻尾の短いマウスが生まれるかどうかという気の毒な実験を二十世代千五百匹にもわたり続けたときも尻尾がわずかに短いマウスでさえ一匹たりとも認めることはできませんでした。それは記憶や知識学習においても同様で、どんなに親や祖先が勉学に勤しんでくれたとしてもそれが子供に遺伝することはありませんから、実際には環境その他生物心理社会的な影響は避けられませんが、人間誰しも自らの力で知識を積み重ねなければなりませんし、また積み重ねることができるとされています。最近の研究ではマウスや線虫、キイロショウジョウバエやアメフラシを使った実験において親世代の学習効果が最大三世代くらいまでは遺伝するのではないかという可能性を示唆する学説もあるのですが、エピジェネティクスの領域に踏み込むと個人の努力を否定しかねない倫理的な課題もありそうなのでなんともはや剣呑。

知識の習得や学習する能力は人間だけに備わった特殊な能力ではないので人間以外の動物も学習しますが、人間には言語を使用する能力も備わっているので他の動物に比べるとはるかに高度で知的な学習を行うことができるとされています。特に文字言語を媒介にすることで世代を隔てた知識を獲得することもでき得るので、見たことも会ったこともなく、場合によってはそもそも実在するかどうかすらわからなかったりする人が書いたらしい、などといわれる何千年も前の知識でも、書物を通じて今獲得しあーだこーだ好き勝手いうことができるわけです。

さて一体なぜ人間は言語を使用することができるのか、人類はどうやって言語文法を構築してきたのか、などの疑問については、すでに親や周りが文化としての言語を使っている以上タイムマシンを完成させるか生まれた瞬間に赤ん坊を世間から隔離遮断して観察するなどそれこそ倫理的に問題のある手法を選ばない限り判明することは難しいでしょうからここは避けるとして、言語に高度な学習を可能とする思考の道具としての一面があるのは間違いないところでしょう。

未開の地の原住民はカタコトで単純で原始的な言語を話すようなイメージに思われることがあるかもしれませんが、大体においてそれは正しくない認識だとされています。ただ、一般に知識の背景を共有できている親しい人間関係において身近な物事について話すときは短く単純でくだけた表現を使うといわれます。言語の習得に関する理論についても、古くは他の学習と同様に捉えられた学習理論であったり、そうではなく人は言語習得装置をもって生まれてくるとする変形生成文法理論、近年では社会語用論的知識による用法基盤モデルによっても説明されてきました。いずれも言語は仲間内において情報伝達を行うコミュニケーションツールとしての機能を前提とするものであって、言い換えれば仲間内でさえ通じるのであればコミュニケーションの道具としての言語は機能するということになります。これは、社会的存在である人間が他者と情報伝達をするというだけの意味に制約されず、ポライトネス理論などで説明されるようにポジティブにもネガティブにも人間関係をより円滑にさせたり逆に距離を取ろうとしたり、説明したり懇願したり恫喝したり一般的でない珍しい内容の文章を表現することで注目を集めたいなど様々な形で目的や意図を持つ言語行為としての機能を併せ持つことまでをも意味します。それどころか、人間の脳は社会共同体の中で一緒に生きているほかの仲間の意図や動機を理解し場合によってそれを操作する必要性から発達した、とコミュニケーションのための言語の働きによって人類が進歩したのだと逆説的に主張する論まであったりします。いずれにせよ、思考の道具として使うことのできる言語ですが、そこには仲間内コミュニケーションの道具としての言語の働きが前提となっているのです。

言語は単に文字を認知したり単語を認知したりして文章を伝え認知するためだけのものではなく、言語を通じてその背景にある文化や思想までも読み取ることのできる、具象世界から抽象世界へと羽ばたくための知性の翼といえるものです。「雑草」という単語の概念にも、感覚や知覚に基づく具体的な体験が抽象化された論理的推論が隠されているかもしれないわけで、そしてそれは単に思考の道具としての言語に留まらず、社会を構成するためのコミュニケーションの道具としての言語の働きを期待できるものかもしれません。

コミュニケーションや人間関係において他者の心の存在は推測でしかありませんが、私たちはそれがあると言う前提で生きています。私たちの社会はきっと推測によって成り立たせていくことができるものなのでしょう。

政治 \ 多摩市議会

令和5年9月多摩市議会に向けて、一般質問の通告を行いました

9/1から開催される令和5年9月多摩市議会定例会に向けて、一般質問の通告を行いました。

1 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に関する対応について
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が多摩市内の土地を購入したことに伴い、様々な報道も相まって、その動向に市民の関心が高まっています。基本的人権の尊重を基本原理とする日本国憲法は国民に信教や思想・良心、表現の自由などの自由権を保障し公権力による人権への制約を制限する一方、人権相互の矛盾・衝突を調整するための実質的な公平の原理である公共の福祉による制約があることを規定し、また国民の側にも人権を濫用してはならないことを要請します。国政の最高決定権としての国民主権を実現し民主的責任行政の確保が図られることで市民の生活が安心したものとなるよう期待し、以下伺います。
1、 現在およびこれからの世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の多摩市内における活動について、市はどのように把握しどのような対応をお考えでしょうか。また、6月議会の一般質問において、他自治体における条例化の事例や行政調査、行政指導といった対応も指摘したところですが、その後の検討状況についても伺います。
2、 平成8年の宗教法人オウム真理教解散命令事件において、大量殺人を目的として計画的組織的に毒ガスを生成した行為が宗教法人の解散事由にあたるとして出された解散命令が信教の自由を侵害するとして争われた際、最高裁判所は、解散命令などの宗教法人に関する法的規制が信者の宗教上の行為を法的に制約する効果を伴わないとしてもそこに何らかの支障を生じさせるならば、信教の自由の重要性に配慮し、規制が憲法上許容されるか慎重に吟味しなければならない、とした上で、宗教法人が法令に違反し著しく公共の福祉を害すると明らかに認められ宗教団体の目的を著しく逸脱した行為が明らかであり、宗教法人を解散しその法人格を失わせることが必要かつ適切であり、解散命令は宗教団体やその信者らの精神的・宗教的側面に及ぼす影響を考慮しても必要でやむを得ない法的規制である、として、司法は慎重な態度を最後まで崩すことはありませんでした。もし宗教法人の解散命令請求をしてそれが認められなかった場合、どのような影響があると考えられるでしょうか。また、所轄庁である文化庁も解散命令請求を検討していると聞き及ぶところですが、当事者でもある多摩市として、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)についての解散命令請求についてどのようにお考えでしょうか。
3、 誤解を恐れずに言えば、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)やその信者にも当然に人権が保障されなければなりません。憲法は自由の基礎法としての特質を持ち、その制定された目的は、国民の自由が国家権力によって不当に制限されることのないようにすることであり、また、基本的人権の尊重は自由主義の原理に基づくもので人が人として有する権利が国家によって妨害されないことを意味します。そのため、憲法は国民の自由を国家権力から守るという制限規範としての特質も兼ね備えています。人権の制限が認められるとしても、公共の福祉の観点から慎重に限定的行われる必要があります。私はこのような考えのもと憲法の趣旨を守ろうとしているのですが、やれ世界平和統一家庭連合(旧統一教会)を擁護しているなどと揶揄されそしりを受けあらぬ疑いをかけられてこの話をネタに自民党を叩きたいだけのような批判を受けることも少なくなく、困惑しています。この問題は政局にするのではなく、現実的で建設的な議論を進めていくべきです。市長は人権とその制限についてどのようにお考えでしょうか。また、議員も権力側にいることを自覚し行動は慎重で抑制的であるべきと考えますが、議事機関としての議会を設置している多摩市としてどのようにお考えでしょうか。

2 スポーツ環境の整備について
猛暑が続く中、市民の健幸まちづくり実現のためには、熱中症対策やAED(自動体外式除細動器)の設置、ゲリラ豪雨対策を進めていく必要があると思います。市の取り組み状況について伺います。

3 新型コロナウイルス感染症対策について
新型コロナウイルス感染症はいまだ猛威をふるっています。現在の市内の感染状況とその対策について伺います。

4 道路交通法改正と電動キックボード(特定小型原動機付自転車)について
7月の道路改正法により、電動キックボード(特定小型原動機付自転車)の活用が想定されるようになりました。多摩市でも実証実験を行うなど、歩道の充実や坂道の多さから関心の高いコンテンツだと思いますが、一方で安全性への懸念も指摘されているところです。市はどのようにお考えでしょうか。

5 物価高騰による市民生活の影響と環境保全について
1、 省エネエアコン及び冷蔵庫買換促進補助金は受付を終了しましたが、今後について、どのようにお考えでしょうか。
2、 置き配バックや宅配ボックスの設置を進めることのメリットは大きいと思いますが、市のお考えはいかがでしょうか。
3、 物価高騰と最低賃金の引き上げによる介護福祉事業者への負担は小さくありません。価格転嫁できない事業形態への支援が不可欠だと思いますが、市のお考えを伺います。

ご意見ご質問等ございましたら、きりきまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

政治 \ 多摩市

台風2号被害状況について

台風2号による多摩市内の被害状況につきまして、6/2(金)から6/3(土)にかけて以下の状況が確認されましたが、幸いなことに人命被害はありませんでした。

  • 市内各地にて冠水。応急対応実施。
  • いろは坂歩道部において木の傾き。東京都に置いて対応。
  • 永山橋公園付近のマンホールが破損し水柱が上がり、一時通行止め。
  • からきだの道「寺の入の湧き水」でオーバーフロー。応急対応実施。
  • 鶴牧西公園の池でオーバーフロー。応急対応実施。
  • 建設中の中央図書館周辺において、レンガ坂への土砂流入及び工事中の九十九折り通路法面芝生の崩落。いずれもけが人が発生する状況ではない。

なお、避難所等の開設もありませんでした。

ご不明な点やご意見等ございましたら、きりきまでお気軽にご連絡くださいませ。

政治 \ 多摩市議会

令和5年6月多摩市議会に向けて、一般質問の通告を行いました

6/9から開催される令和5年6月多摩市議会定例会に向けて、一般質問の通告を行いました。

1 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に関する報道を受けた市の対応について
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が多摩市内に土地を購入したとの報道を受け、市内でも様々な声を聴くようになりました。世界の憲法を見ると信教の自由が規定されていない国も多くありますが、日本国憲法では過去の経緯から思想・良心の自由や表現の自由に加えて信教の自由も明文化されており、法律の根拠に基づいた活動を求められる法治行政としてどのような対応をしていくのか、多くの市民が関心を抱いているところです。法律による行政の原理が求められている背景には、一つには行政権の濫用により市民の権利が不当に侵害されることを防いで自由を確保するという自由主義的な意義もありますが、また一つとして、行政権の行使に民主的なコントロールを及ぼそうという民主的責任行政の確保という意義も持ち合わせているはずです。内容的にも手続的にも適正な行政活動が実施されるとともに、様々な思いを抱く市民の気持ちに寄り添うことのできる多摩市行政が実現されるよう、以下伺います。
1. 人権は生まれながらにしてすべての人が持っている権利ですが、その裏には多くの人たちがまさに血と汗と涙を流して権力者から勝ち取ったという歴史があります。人権の中でも古くから主張されてきた自由権に含まれる信教の自由もまた基本的人権として尊重されるべきものです。市は自由権や信教の自由と憲法、また公共の福祉との関係についてどのようにお考えでしょうか。
2. 多摩市では世界平和統一家庭連合の活動についてどのように把握分析し、どのように認識されているのでしょうか。また、国や都とどのような連携を取っているのでしょうか。
3. 当該団体に対して、地方自治の本旨に基づき法律の授権において多摩市ができることをどのように整理されていますか。
4. 当該団体に対して、権力的でない行政活動により市民の不安の解消を図っていくことについて何かお考えをお持ちでしょうか。
5. 1998年のWHO執行理事会において、健康の定義にスピリチュアル(霊的健康)を含めることが検討されました。採択は見送られましたが、文化的宗教的背景もまた人の人生や健康に大きく影響を及ぼすとも考えられています。一方で宗教によりその人生や思想を歪められてしまうことがあるのも事実です。その場合支援や介入が必要になることもあるかと思いますが、市はどのようにお考えでしょうか。

2 健幸都市実現に向けた持続可能なスポーツ環境の整備について
自発的な参画を通して楽しさや喜びを感じることのできるスポーツは、自己実現や活力ある社会と絆の強い社会創りに大きく寄与するものであり、健幸まちづくりを掲げる多摩市において充実させ活用していくべき施策の一つです。これから部活動の地域移行が進められていく中で、より多摩市民が生涯にわたり地域でスポーツと親しめる環境をどのように整備していくか、市のお考えを伺います。
1. スポーツを楽しむためには、安全で身近なスポーツ環境の整備が欠かせません。スポーツ施設の運営について、市のお考えや現在の状況について伺います。
2. 休日の運動部活動など全国的に地域移行が進められていくと思いますが、多摩市の公立中学校における運動部活動の地域移行及び部活動指導員や外部指導員の活用について、進捗と今後の展開を伺います。
3. 新しい施設を整備することも必要ですが、学校に備わったグラウンドや体育館などの施設も非常に貴重な財産であり、それらをさらに有効活用できるよう整備していくことも大切です。今後の整備や運用について市や教育委員会のお考えを伺います。

3 新型コロナウイルス感染症対策について
感染症法上の位置付けが2類相当から5類感染症に移行した新型コロナウイルス感染症ですが、5類になったからと言ってウイルスの脅威がなくなったわけではありません。その後の新型コロナウイルス感染症の状況や対応について、市はどのように把握分析し、どのような対策をお考えでしょうか。また、5類移行による市民への影響について、どのようにお考えでしょうか。

ご意見ご質問等ございましたら、きりきまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

政治 \ 多摩市議会

令和5年第1回多摩市議会臨時会(5/16)結果

選挙後はじめての多摩市議会が開催され、きりき優は健康福祉常任委員と議会運営委員を務めることになりました。

また、以下の議案について審議が行われました。

第26号議案 多摩市市税条例の一部を改正する条例を専決処分したことについて

  • 承認
    • 挙手全員(きりき挙手)

第27号議案 多摩市都市計画税条例の一部を改正する条例を専決処分したことについて

  • 承認
    • 挙手全員(きりき挙手)

第28号議案 多摩市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を専決処分したことについて

  • 承認
    • 挙手全員(きりき挙手)

第25号議案 令和5年度多摩市一般会計補正予算(第2号)

  • 可決
    • 挙手全員(きりき挙手)

ご意見ご質問等ございましたら、きりきまでお気軽にご連絡くださいませ。

お知らせ

選挙報告会開催のお知らせ

4/23投開票の多摩市議会議員選挙において、多くの皆様のご支援を賜り、4期目の当選をさせていただきました。

そこで、今後の議員活動に関する意見交換や今回の選挙の振り返りの機会を設けるために、選挙報告会を開催いたします。

令和5年4月25日(火)18:00より

選挙事務所(落合3-11-2おもと介護内)にて

会費 500円

どうぞお気軽にご参加くださいませ。

問い合わせ先 info@kirikiyutaka.com

政治

多摩市議会議員選挙で4期目の当選をさせていただきました

4/23投開票の多摩市議会議員選挙(統一地方選挙)において、1,428票ものご支援を賜り、4期目の当選をさせていただきました。

たくさんの皆様のご支援に感謝申し上げるとともに、皆様の大きなご期待に沿えるよう、全力で活動してまいります。

介護や支援が必要になったとしても
誰もが幸せを感じられる世の中のために
すべての人が、今日何をするか
自分で決めることのできる世の中を目指して

お気づきの点がございましたら、どうぞお気軽にきりきまでご連絡ください。
info@kirikiyutaka.com

引き続きご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。

なお、新しい任期は、令和5年5月1日から令和9年4月30日の4年間です。

政治

多摩市議会議員選挙7日目、最終日です

7日間にわたる多摩市議会議員選挙も、ついに7日目最終日です。泣いても笑っても選挙運動は今日まで。

まずは、唐木田駅でこいそ明都議会議員と長島昭久代議士の応援をいただきながら街頭演説

多くの方にお集まりいただき、きりき優の思いや政策をお伝えしました

ワンちゃんにも挨拶

そして演説して

演説して

演説して

夜8時になり、選挙カーは終了

選挙事務所に集まってくれた人に最終日の挨拶

こいそ明都議会議員は夜も駆けつけてくれました

走り抜けた7日間。皆に支えられて最後まで走り続けることができました。

11の国家資格を持つ現役ケアマネジャーで保育士で相談支援専門員である介護・保育の専門家として、20年1100人以上と直接関わってきた福祉の現場の専門家として、元ブラジルプロサッカー選手で日本サッカー協会公認コーチで多摩サッカー協会理事であるサッカーの専門家として、現場の声を市政に反映させるために、選挙運動に邁進してまいりました。

いよいよ明日は投票日です。多摩市の介護、多摩市の保育、福祉の現場のために、子どもたちの将来のために、多摩市の未来のために。皆様の貴重なご一票ご一票をきりき優に賜りますように、どうぞよろしくお願いいたします!

政治

多摩市議会議員選挙6日目、お花のプレゼント

7日間の選挙戦の6日目を迎えました。残すは今日明日のみ。

本日も、きりき優の政策提言をお伝えし続けます。

演説して

演説して

演説して

演説して

演説(笑顔)

イケメンですね、と言われてお花をいただきました

選挙事務所には、いわせ和子町田市議会議員が激励に来てくれました。

ご期待に応えたい、声を届けたい。感謝の思いで、ラスト1日、全力で走り抜きます!